メインメニュー
学校紹介
学校からのお知らせ

2017年12月13日(水曜日)

地域の高齢者福祉施設訪問(4年生)

カテゴリー: - futaba15 @ 13時51分04秒

 4年生は総合的な学習の時間に「ともに生きる」のテーマで、福祉について学んできました。そして、先日、地域にある高齢者福祉施設を訪問しました。子どもたちは、初めは緊張と恥ずかしさから積極的に関わることができませんでしたが、時間が経つにつれ、高齢者の方との会話を楽しみながら、肩もみをしたり折り紙を一緒に折ったりしていました。感想には、「折り紙を折ってあげると、笑顔で喜んでくれたのでうれしかったです。」「帰る時におばあちゃんとハイタッチをして、うれしかったです。」など書かれており、楽しく交流することができていました。

                                RIMG2885@.jpg


2017年11月30日(木曜日)

体験型環境バスツアー(4年生)

カテゴリー: - futaba15 @ 15時47分34秒

27日に、4年生は社会科の見学「体験型環境バスツアー」に行きました。行き先は、「横谷埋立センター」、「道後周辺」、「南クリーンセンター」の3カ所です。

 

「横谷埋立センター」

資源として利用できないごみやクリーンセンターからでた灰などを埋める最終処分場です。到着すると、埋め立て地の大きさに驚きの声が上がりました。当初は、この施設は平成30年でいっぱいになる予定でしたが、松山市のみんなの努力のおかげで平成52年頃まで利用できるようになったそうです。

CIMG5821@.jpg            

「道後周辺 正岡子規と夏目漱石」

 今年は、正岡子規生誕150周年にあたります。ボランティアガイドさんと共に、道後温泉駅、道後温泉本館、鶯谷、花月亭(ふなや)等を巡りました。かつて正岡子規と夏目漱石が歩いた道を通ったり、道後温泉本館の白鷺や建物について詳しく話を聞いたりしました。子どもたちは興味をもって見学しました。

CIMG5892@.jpg            

「南クリーンセンター」

社会科の時間に、「ふるさと松山」を使って学習していましたが、所員の方の話を聞きながら実際の施設を見学すると、新たな発見がたくさんあり、子どもたちは熱心にメモを取っていました。収集したごみを入れる「ごみピット」では、クレーンがごみをかき混ぜたり、ごみ収集車がごみを入れたりする様子を興味深く見ていました。最後に感想を聞くと、「ごみを減すために分別をきちんとしたい。」とごみの減量化のためにできることに積極的に取り組もうとする発言が聞かれました。

CIMG5905@.jpg            


2017年11月29日(水曜日)

ギコギコクリエーター(図画工作)

カテゴリー: - futaba15 @ 07時29分03秒

 4年生は、図画工作の時間に「ギコギコクリエーター」という工作をしています。ここでは、のこぎりの扱いに慣れ、切った木からつくりたい形を見つけ、組み合わせたりくぎでつないだりして、楽しいものをつくります。のこぎりを使う経験は、今回が初めてという子どもが多く、初めは四苦八苦していましたが、次第にのこぎりにも慣れ、のこぎりを使う姿もさまになってきました。

                                


2017年11月14日(火曜日)

認知症サポーター養成講座

カテゴリー: - futaba15 @ 17時49分22秒

福祉体験に続き、11月10日(金)、4年生は包括支援センターと民生委員の方々をお迎えして、認知症サポーター養成講座を開きました。認知症をわずらった家族の話を聞いたり、認知症になるとどうなるのか教わったり、そして、認知症の方との関わり方を寸劇を通して考えたりしました。これまで認知症の知識はほとんどなかった子どもたちでしたが、講座を通して、認知症の方も含めて、だれにでも思いやりをもって優しく接することの大切さを学ぶことができました。

                      


福祉体験会

カテゴリー: - futaba15 @ 17時39分53秒

4年生は総合的な学習の時間に「ともに生きる」をテーマに掲げ、1学期から体の不自由な方に優しい場所や施設を調べたり、体の不自由な方の生活の様子を見たりしてきました。そして、11月8日に講師の先生をお迎えして福祉体験会を開きました。

「高齢者体験」

手足の動きを制限する装具をつけたり、目を見えにくくするゴーグルをかけたりして高齢者の疑似体験をしました。階段を登ったり降りたりする時には、膝が曲がらず歩きにくさを感じました。軍手をした手では、新聞をめくることもペットボトルのふたを開けることも難しく、高齢者の方の様々な不自由さを感じました。
                                
 

 

「車椅子体験」

車椅子の操作方法を教わった後、狭い通路を通ったり車椅子の向きを変えたりしました。その後、講師の先生から車椅子の補助の仕方も学びました。座っている人のことを考え、声を掛けながら車椅子を押すととても安心することを知りました。思いやりをもって人と接することが大切だと気付きました。

IMG_1206@.jpg IMG_1208@.jpg IMG_1218@.jpg

 

「ガイドヘルプ体験」

二人組になり、一人がアイマスクをつけて目の不自由な人の役、もう一人がガイドの役になり、階段を登ったり降りたりしました。また、点字を読んだり講師の先生の日常生活の様子を聞いたりしました。子どもたちは、目の不自由な方に出会ったときに、どのように行動すればよいか考えることができました。

CIMG6709@.jpg CIMG6719@.jpg CIMG6724@.jpg

 

「手話体験」

講師の先生の生い立ちを聞きました。その後、簡単な手話を教わり、それを使って友達と会話をしました。また、耳の不自由な方とコミュニケーションをとるには、ジェスチャーも有効であること教わりました。子どもたちは、耳の不自由な方と簡単にコミュニケーションを取ることができることを知り、積極的に関わろうとする気持ちを高めました。

                      


2017年10月30日(月曜日)

アルコールランプを使いました!

カテゴリー: - futaba15 @ 18時34分41秒

 4年生は、理科で「水の3つのすがた」の学習をしています。この学習では、水を熱したり冷やしたりするときに起きる変化の様子を観察します。そこで、先週から子どもたちは、アルコールランプを使っています。様子を見ていると、初めてマッチを使う子どもの緊張した顔、アルコールランプに火が付いたときの驚いた顔、アルコールランプを消すためにキャップをするときの怖そうな顔・・・いろいろな表情を見せてくれています。しかし、どの子どもも興味をもって実験に取り組んでいます。

                                


2017年10月10日(火曜日)

「あったらいいな こんな双葉小」

カテゴリー: - futaba15 @ 07時38分17秒

4年生は、造形会で「あったらいいな こんな双葉小」を絵に表しています。

「海の中に双葉小があったらいいな。」「学校の中に遊園地があったらいいな。」など、子どもたちは想像を膨らませ、思い思いの双葉小学校を描いています。絵の完成まで、粘り強く頑張ります。

DSCN2804.JPG  IMG_6284.JPG


2017年7月14日(金曜日)

落語を聞く会(4年生)

カテゴリー: - hp-admin @ 19時05分38秒

 4年生は、国語の時間に落語「ぞろぞろ」を読み、物語の世界を想像して、音読したり、演じたりする学習をしています。7月13日(木)、らくさぶろうさんとひめさぶろうさんをお招きし、「落語を聞く会」を開きました。
 ルールを少し変えた(4文字にする等)「しりとり」や「謎かけ」を通して言葉の大切さ、日本語の奥深さ、すばらしさを学びました。その後、らくさぶろうさんに「平林」、ひめさぶろうさんに「ん廻し」の落語を演じていただきました。ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する落語に、子どもたちは大いに笑い、楽しい時間を過ごすことができました。

01_14.jpg 02_15.jpg 03_10.jpg


2017年6月2日(金曜日)

下水道お話教室(4年生)

カテゴリー: - hp-admin @ 16時13分49秒

 4年生は、5月26日の「出前水道教室」に続いて、5月31日に松山市下水道サービス課から4人の方々をお迎えし、「下水道お話教室」を開きました。各学級ごとに、生活の中で使用した後の水について教わりました。
 まず、下水道の利点、松山市の下水道の状況、汚れた水をきれいにする様子について学びました。その後、ティッシュとトイレットペーパーを水に入れるとどうなるか、子どもたち一人一人が実験しました。すると、ティッシュは溶けませんでしたが、トイレットペーパーは水に溶け、子どもたちはその様子に驚きの声をあげました。また、スポーツドリンクをほんのわずかだけ入れた水でも、調べると魚が住めないぐらい汚れることを知りました。教科書ではわからないことを学ぶ、よい機会となりました。
 石手川ダムと市之井手浄水場の見学から始まった水についての学習は、今回で終わりです。子どもたちは学んだことを新聞にまとめていきます。どのような新聞ができあがるか、とても楽しみです。

01_13.jpg 02_14.jpg


2017年5月31日(水曜日)

出前水道教室(4年生)

カテゴリー: - hp-admin @ 17時20分54秒

 4年生は、「わたしたちのくらしと水」の学習をしています。そこで、先週5月26日(金)、松山市公営企業局水道サービス課から4人の方々をお迎えし、「出前水道教室」を開きました。
まず、「地球の水の循環」では、私たちが使うことができる水はほんの少ししかないこと、「松山の水環境」では、松山市の年間降水量が全国平均より少ないこと、他のダムと比較した石手川ダムの大きさ、「水道水が届くまで」では、市之井手浄水場で水道水が作られる様子について、それぞれミッションカードに記入しながら楽しく学びました。
 その後、遠足で見学した浄水場で使われていた「パック」という薬品やろ過装置で、実際に水の中の汚れを取り除く実験の様子を見ました。子どもたちは、きれいになった水を見て、驚いていました。
 最後に、平成6年の水不足の話を聞き、水の大切さを再確認することができました。
 この学習が、これからの生活の中に生かされることを願っています。

aaa_1.jpg 02_13.jpg


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

双葉小日記のカテゴリー

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 双葉小学校