メインメニュー
学校紹介
学校からのお知らせ

2018年10月5日(金曜日)

5年 お魚ピチピチ出前教室

カテゴリー: - futaba13 @ 15時41分13秒

 10月4日(木)3・4校時に、三津浜にある松山市水産市場から外部講師としてご来校いただき、「お魚ピチピチ給食支援授業事業」出前講座が実施されました。参加したのは、社会科で水産業について学習している5年生です。
 まず、魚が家に届くまでの仕組みや水産市場の競りの様子をDVDを視聴し、魚の流通について学びました。

RIMG1155_2.jpg

 次に、その日の給食の食材である「鯛」について学びました。愛媛県の海では、味の良い鯛が昔からたくさんとれていたので、県の魚が「真鯛」であること、鯛の養殖だけでなく鯛の稚魚の放流もしていること、養殖の鯛は日焼けをしているので、天然の鯛より黒みがかった色をしていることなどを話してくださいました。その後は、「お魚〇☓クイズ」で盛り上がりました。
・ぶりは1mをこえるものがいるか?
・たこの血は青色か?     ・・・など楽しいクイズばかりでした。全問正解者は、「松山お魚はかせ認定書」をもらい大喜びでした。
IMG_2065 (250x188)_1.jpg 

 その後、実際に「天然の鯛」と「養殖の鯛」を見たり、触ったりして、全員がうろこの色や尾の形の違い、目の輝きや感触などを体感しました。
RIMG1102.jpg RIMG1115.jpg
 後半は、全員参加の「模擬競り」体験です。グループ対抗で3000円の予算内で値段をつけます。できるだけ安く、しかも、他のグループより高い金額を友達と相談して決め、最高値をつけたグループが魚を落札できます。落札したグループはお金の模型コインを支払って、魚のパネルをゲットします。わくわく、どきどきの模擬競りで、大賑わいでした。
RIMG1148_1.jpg RIMG1153_1.jpg
 あっという間の2時間の出前授業で、しかもその日の給食は「鯛めし」。どのクラスもおかわりの列ができ、あっという間に完食でした。
 愛媛の特産品である「真鯛」のすばらしさ、そして、漁師さん、養殖をされている人、市場の人、魚屋さん、調理する人などたくさん方たちに感謝して食べることができました。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

双葉小日記のカテゴリー

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 双葉小学校